和歌山県加太温泉より お伝えしてます

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" dc:creator="加太海月(旧 吾妻屋シーサイドホテル)" dc:date="--------T--:--:--+09:00" /> -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露天風呂の命名の由来地。万葉の歌碑のある二碑を訪ねて・・・

 先日の日曜日。 時折吹く北風に本格的な冬の訪れを感じました。
午前中のお天気は予報に反して加太の海も波もなく穏やかな光景でしたが、はやり
冬本番、寒い一日でした。

 さて、当館の露天風呂の名称ですが、時々お尋ねされる事もありましたので、
その命名に影響があった・・・実は万葉集にある2編の歌です。

その歌が碑として立っているのが、当館より南方約1キロ先にある飽等(アクラ)の浜、田倉崎周辺の浜と言われていますが、そこに立っています。

すぐ隣に田倉崎灯台に上る道もあります。
日曜日とあって田倉の沖合には多くの釣り船が競うあうように釣り船を操っていました。
碑を右に見ながら当館方面を撮ってみました。

  歌碑には「紀の国の 飽等の浜の 忘れ貝 吾は忘れじ 年は経ぬとも」と刻まれています。(作者不詳、巻11・2795)。
●解釈 紀の国の飽等の浜の忘れ貝ではないが、私はあなたの事を決して忘れない。
     たとえ年は経ようとも。

07飽等

05飽 06飽 08.jpg 09釣り


 
 そしてもう一編の歌碑は当館から北へ約2.6キロ先の城ケ崎公園内に立てられています。
40年ほど前に来た時には、たしか城ケ崎荘があった場所ですが、時代とともにすっかり変わってしまっていました。

碑の前に立ち、南方を眺めると田倉崎手前の当館の全景を300ミリ望遠でとらえることが出来ました。

IMG_8205.jpg


04潟見

002.jpg 003.jpg 004.jpg


 碑には「藻刈舟 沖漕ぎ来らし 妹が島 形見の浦に 鶴翔ける見ゆ」(作者不詳、巻1199)です。
●解釈 藻を刈る舟が沖を漕いでいる。妹が島の形見の浦に鶴が飛んでいるのが見える。

 当館の露天風呂、潟見の湯、飽等の湯からも万葉集に読まれた素晴らしい光景が、旅人の心を癒してくれています。

これから益々厳しい寒さが訪れる予感がします。
万葉の歌碑を訪ねたあとは、露天風呂に浸かりながら、身もほっこりと、リラックスして、お泊りもよし、日帰りプチ旅行もと洒落込んで楽しんでみては、如何でしょうか?

両歌碑の位置は当館のはさんで南北に位置します。
地図は次の通りです。

Book1(2).jpg

 もうすぐ桜鯛の季節です。
美味しい加太の旬の食材をご用意して、スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち致しております。


恐竜公園とあじさい園

6/12 晴れ
 またまた、梅雨の晴れ間を利用して加太駅から10分弱でいける加太の森林公園へ・・・
目的は毎年、地元の小学生や加太観光協会の皆さんが「日本一のあじさい園」をめざして公園内やハイキングコース脇に植樹しているアジサイを見ようと思いカメラ片手に出かけました。

少し雨でぬかるんだところもありましたが、きれいに整備されていて、水たまりから大きなカエルが跳びだしたのにはびっくりしました。

また、偶然ハイキングコース脇の所でアジサイの根元の下草刈りをしている、加太のI氏にお会い出来、育てていく上での苦労話や日本一を目指す夢をお聞きし元気を頂きました。
株数も3000株を超え、これからも挿し木などをして増やして行き、地域の人気スポットとして情報を発信していきたいとおっしゃっていました。

同公園内を歩きながら、気ままに撮り集めたカットをまとめてデジ・ブックにしてみました。 kk

和歌山つつじが丘テニスコートOPEN!しています。

IMG_2527.jpg

IMG_2526.jpg IMG_2524.jpg IMG_2532.jpg

錦織圭選手の全米オープンの活躍でテニスブームの到来の予感!
 来年の紀の国わかやま国体のテニス会場に決まっている、加太温泉街から10分弱のところのつつじが丘テニスコート。

県内最大の規模を誇るテニス専用施設が既にオープンしています。
テニスコートは全部で20面。そのうち4面は室内コートで雨天の日でもプレイが可能です。

お問い合わせは
〇 つつじが丘テニスコート管理事務所 電話073-488-5702 FAX073-488-5703 
又は市スポーツ振興課 電話073-435-1364 まで

加太温泉街にも近くテニス合宿にも利用できそうな素敵な施設の誕生です。

淡嶋神社の桜はまだ二分咲き☆

当ホテルのお隣、淡嶋神社境内の桜を見に行ってきました。
 お天気もよく、少し肌寒いかなと感じましたが、はやり桜も同じようにまだ蕾のままでした。

数輪咲いていましたので本殿をバックに撮ってみました。

IMG_9188ブログ01 IMG_9189ブログ02 IMG_9190ブログ03 

加太には淡嶋神社の他、神社裏山にある少年自然の家や北へ5分ばかり行ったところにある休暇村下のさくら公園などが桜満開の時期には春休みと相まって多くの家族連れやカップルの皆さんで賑います。

あと、森林公園(別名・恐竜公園)などもお花見には打ってつけのスポットだと思います。
今日、走ってみましたがまだ蕾の状態でした。
IMG_9198サクラの谷入口 IMG_9211サクラの谷 IMG_9218案内版

同公園にはハイキングコースが整備されていますので、その一部のコース中にさくら谷と言う場所があります。
ここもまだ早いかなーといった様子でした。
入口付近とサクラ谷、それと入口の案内板をご案内します。

あと1週間もすればこの園内には恐竜モニュメントのある一帯から子供達の歓声が聞こえてきます。
是非、加太へお越しの際には立ち寄ってみたいスポットです。

サクラ満開の時期にもう一度訪ねてみようかと思っています。
カメラ持参で・・・

KK

友ケ島に”トモガシカ”はいるんですか?

加太の沖合いに浮かぶ、友ケ島に「トモガシカは本当にいるんですか?」との書き出しで始まる新聞記事(M紙6/29)を発見しました。

そのユニークなキャラクターも凄く可愛くて一度友ケ島に渡ってみようと思っています。

加太港から高速船で約20分。加太方向から左に見える沖ノ島(友ケ島は地の島、沖ノ島、神島、虎島の4島の総称です)の裏手に桟橋があり要塞島への上陸からトモガシカの探検の開始です。

 島にはリスや孔雀なども生息しているので突然出くわすこともあると思います。
そんな自然の中にキャンプ場やハイキングコースなども整備されていますので、しばし都会の雑踏から逃れリフレッシュするのにはもってこいの環境かと思っています。

ホテルフロント前に置いています友ケ島観光パンフの一部分をご紹介します。

    File0632.jpg    File0635.jpg

是非、この夏も自然が一杯のノスタルジック&ミステリアスアイランド、友ケ島にお出かけ下さい。



  当館、お食事処「友ケ島」から海上に浮かぶ友ケ島を眺めながらのお食事も又旅の楽しみですよ(^^)
   吾妻屋_0133ブログ
◇当館、お食事処「友ケ島」 

水ぬるむ磯、香りのハーブ園

5月14日(土)から20日(金)まではダンスフロアの開放日です。

 前日からお泊まり頂いたリピーター様のT様にお会いしたくて7時半ごろから町内の一斉清掃に加わり9時過ぎに出社。
 
  数ヶ月前にもお会いしているのに懐かしさが込み上げ言葉少なくとも自然に笑顔に・・・
 ようこそお越しくださいました。 感謝です。

海上は少しもやっていましが加太の千畳敷(自称)も出現し磯遊びの光景も見られる穏やかな日曜日でした。


Tさん達をお見送りしてから2~3日前の新聞に西庄のハーブ園のラベンダーが満開だとの記事を思い出して久しぶりに立ち寄ってみました。

やはり日曜日ということで見学に訪れている方の多いこと。
シートを引きお弁当を広げるグループや他府県ナンバーの車もあって加太からも近いのでお帰りの際に立ち寄ってみるのも良いスポットかなとお勧めです。

当館からも車では和歌山市内方面へ向いて西庄にあるスーパーの角を左折し山の方向へ(市立八幡台小学校を目標に)約10分程度の近場です。

無料の駐車場、それに温室への入場料も掛かりませんしハーブの苗(200円から有料)の販売などもあって香りに包まれた園内での暫しの散策で心身ともリフレッシュさせてくれる癒しと憩いのスポットです。
ラベンダーやミント、セージなど約70種類が園内で育てられています。

指でそっと触れ、その指にうつった香をかぐだけで、充分香りを楽しめます。
(但し、枝を折ったり、葉を取ったりはしないで下さい。)


園内を散策しながら撮影したカットの一部をアルバム形式の「デジブック」でご紹介させて頂きます。

     画面の中央部分をクリックして頂きましたらご覧頂けます。
                  


これから加太は夏を迎えます。
海の青、空の青、島の緑、磯に海辺に子供達の歓声が聞こえてきます。
熱いシーズンの到来です。

当館の人気のご昼食プラン・友島御膳3,675円(温泉ご入浴付き)を召し上がりながら海上に浮かぶ友ケ島を眺め、帰りにふれあいの郷 ハーブ園に寄って見るのも又、一考かなと思います。

                        ご予約はこちら → 友島御膳予約ページ

                      ハーブ園へはこちら → ふれあいの郷 ハーブ園

 
加太は四季を通して魚介類の大変おいしい漁師町です。
是非、お越し下さいますようスタッフ一同こころよりお待ち致しております。

KK

◇春を呼ぶ淡嶋神社の雛流し◆

 早春の加太の風物詩、淡嶋神社の「ひな流し」が3日、好天に恵まれ平日にも拘わらず約6千人の参拝客らが境内から「ひな流し」神事が行なわれる約500メートル先の海岸沿いに集結し、白木の小舟に乗せられた数百体の人形が穏やかな春の海へと船出していくのを感慨深げに見守りました。

 見物客の中には朝早くから電車を乗り継いで来られたと言う西宮のご夫婦や、外国からのカップルも見られ、カメラ片手に進む神事を熱心に撮影されていました。

私も例にもれず行列に加わって船出の瞬間を収めようとすぐさま撮影場所を探しましたが、既に絶好のポジションは何重ものカメラマンでやもなく望遠で撮ることにしました。

三脚の用意がなかったものでやや手振れを起こしているカットもありますが「デジブック」にまとめてみました。

当館には「ひな流し」神事全体を眺める事の出来る応接付きの部屋があります。
窓を開けて撮影にも最高の部屋です。

今年はその部屋からも撮りたかったのですが、さすがに短時間の移動は無理で来年に回したいと思います。
来年の3月3日は何と!土曜日です。

おそらく今年の倍以上の観光客の皆さんが来られると期待しています。

では、興味のある方はご覧下さい。 
(フルウインドウで見る)にマウスを持っていきクリックすると見られます。



加太はこれから桜鯛の季節です。

美味しいお魚をご用意してお待ち致しております。
是非、お越しください。

KK

戦跡を訪ねて涼みに行きませんか ?

暑い! 暑つ---い  !   アッチチチ?


 今年の夏は特に暑い暑いと毎日、口癖のように&挨拶のように「暑いですねー」が飛び交っています。

そこで、エコな避暑を体感してみたい方にお勧めのスポットが、当館より車で約10分弱のところにあります。

加太へ来たなら是非一度は行って頂きたい場所。
  それは、「深山第一砲台跡」公園です。

 加太周辺には同園の他に、数箇所に要塞、砲台跡など戦跡として残されています。
特に友ケ島の方が規模的にも有名ですが、同園へは車で行けますし、駐車場(7台程度)もあり散策するには調度良い時間で回れますので是非行ってみてください。

 私の行った8/9日(月)はお盆前と言うこともあり途中で出会ったのは4人だけでした。


□ 入口に車を止めて散策開始。

ブログ用 砲台跡入口

□ 当時に敷き詰められたレンガ道を木漏れ日を浴びながら、奥へと進むと65年前を彷彿させる要塞の遺構に出くわし、夏でも木々に覆われて光も届かない弾薬庫や砲台跡が目の前に現れました。

IMG_3329 ブログ用砲台跡
(砲台跡地に立てられた案内版)

この辺はたいして光が届かない分、比較的涼しくて入口から15分ほど歩きましたが、さほど汗もかかずに済みましたが、270度のパノラマを誇る跡地公園では「あー・・・ペットボトル持ってくれば良かったと」と反省しました。

でも、眼下に広がる最高のロケーションに接して暫し見とれてしまいました。
眺めは最高です。

 皆さん行かれる時は必ず食料(?)と水筒のほか手袋など持ち物を整理しお持ち下さい。
そして、入山後は一切の火気厳禁です。おタバコは禁止です。


 さて、当館から出発して同園までの画像をトップページのギャラリーにてご案内しています。
写真の下部に簡単な説明文を載せていますのでご覧下さい。
 
ギャラリーへはこちらからも入れます。
    ↓
吾妻屋ギャラリー

加太の夏はまだまだこれからです。
 楽しいプランもご用意しています。

是非、お越しください。スタッフ一同心よりお待ち致しております。

BS・KK





夏本番!今年も遊びに来てね☆☆

加太の夏本番!!

 写真を整理していく過程で「加太観光パート1」と題して一部昨年の写真も含まれていますが、デジブックにまとめました。

今年も新作?に取組んでみたいと思っています。



夏のお得なプランが満載です。

 ご家族でお友達同士で、是非今年の夏も加太にお越しください。

お得なプランご予約はこちらから  どうぞ!

               Web予約特典付きプラン

加太の恐竜公園の紫陽花は?

 梅雨の晴れ間を利用して、加太の恐竜公園の紫陽花はどんな風になっているだろうと思いつつ訪ねてみました。
途中に「加太菜園」と言う大規模ハイテク菜園があり、久しぶりに訪ねて見ました。

 関空の埋め立て用土砂採取跡地に立てられた「5haのガラスハウス」はさすがに広くて驚きました。
ご了解を頂き一部写真に撮らせて頂きました。
 
 (菜園ではトマトの販売はしていませんし、又見学他入場は出来ませんとの事です。)

IMG_3115.jpg

IMG_3117.jpg
          

 そこから車で1分のところに「和歌山市・森林公園 通称 恐竜公園」があります。
4年前より加太観光協会の皆さんが、「日本一の紫陽花園をめざして」を合言葉に毎年植樹をされています。

紫陽花の容姿を数カットカメラに収めて帰ってきました。
10枚ほど「デジブック」でご案内します。
KK

http://

加太の夏 !! 満喫&周辺ウオッチング ♪

14日(金)早朝は、うす雲が空を覆っていましたが、昼前になると藍色の海と真っ青な空が出現し、やっと本物のが来たなと感じました。

IMG_1283 深山から友ケ島望む

 そこで、早速カメラ片手に「加太・夏」をウオッチング!! ホテル真下の可愛い海水浴場から淡島神社・吾妻屋の旧本館(玄関に立つと芹洋子さんが歌う吾妻屋のCMソングが聞こえます)~深山下の海水浴場(穴場的なビーチです)そして、加太海水浴場へと移動して、「加太の夏」を満喫 ? (日焼け対策を怠りないようにしましょう。) 

と言うわけで、撮影画像をデジブックに整理しました。

上の写真にカーソルをあわせると再生ボタンが表示されます。
クリックしてご覧下さい。

又、登録有形文化財(建造物・吾妻屋旧本館・06年国指定)の吾妻屋旧本館は、木造2階建て、瓦葺の和風旅館で間口は約22mあり、奥行き約16m。1933年(昭和8年)に建てられました。IMG_1235 吾妻屋旧本館

2階には100畳の大広間があります。和歌山県教委文化遺産課は、
「観光地としてにぎわった加太の歴史を 伝えている」としています。

Appendix

プロフィール

加太海月(旧 吾妻屋シーサイドホテル)

Author:加太海月(旧 吾妻屋シーサイドホテル)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QRコード

和歌山県 加太温泉 加太海月(旧吾妻屋シーサイドホテル) ページの上部へ戻る

ベストレート保証

宿泊日

宿泊人数と部屋数

 大人 名様 部屋


宿泊プラン一覧

予約変更・キャンセル

HPリニューアル記念 嬉しいWeb予約3つの特典

日帰りプラン

団体プラン

お得なダンスプラン

合宿プラン

お問い合わせ

無料送迎

facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。